最強寒波 関東で氷点下16.4度 初の積雪3メートル超え 猛吹雪警戒

社会 気象・災害 暮らし


26日も、強烈な寒波の影響で、北日本の日本海側は猛吹雪に見舞われている。

また栃木県では、最低気温が観測史上最も低い、氷点下16.4度となるなど、記録的な冷え込みとなっている。

青森・酸ケ湯は、今シーズン全国で初めて積雪が3メートルを超え、車が完全に雪に埋もれてしまっている。

千葉県から来た人「(車はどれですか?)これです。雪かきは、まだまだ時間かかりそうです」

大雪をもたらす寒気が上空に居座り、北日本の日本海側を中心に、猛吹雪や大雪が続いている。

雪崩や交通障害などに、十分な注意が必要。

また、全国的に厳しい寒さとなっていて、栃木・大田原市で氷点下16.4度と、観測史上1位の冷え込みとなり、関東で今シーズン最も寒くなった。

このほか、滋賀・東近江市や三重・四日市市など、全国12地点で観測史上1位の冷え込みとなったほか、東京都心では氷点下3.4度と、5年ぶりに、2日連続で氷点下2度以下となるなど、記録的な寒さとなっている。

27日は、西日本や東日本の太平洋側では、雪が降る予想となっていて、都心など関東では夕方から雨や雪となる可能性がある。

路面の凍結などには、注意が必要。

(FNNプライムオンライン1月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース