死者5万2000人超 被災者多くがテント生活 トルコ・シリア地震から1カ月

国際・海外


トルコ南部の大地震は、6日で発生から1カ月。

大切な家族を失った被災者の心の傷は癒えていない。

2月6日に起きた大地震では、トルコと隣のシリアをあわせて5万2,000人以上が犠牲になった。

大きな被害を受けたカフラマンマラシュに住む女性は、夫と2人の娘を亡くし、家の跡を見るのがつらいと話す。

夫と娘2人亡くした人「娘たちと外出してともに楽しんでいた服を今、がれきの中で見るのは苦しい。とてもつらいです」

地震から1カ月がたち、がれきの撤去は進んでいるが、倒壊する建物の多くは手付かずのまま。

家を失った人で仮設住宅に入居できたのは、およそ4万6,000人にとどまり、およそ150万人がテント生活を余儀なくされている。

一方で、いまだにテントも支給されていない被災者もいて、切れ目のない支援が求められている。

(FNNプライムオンライン3月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州