陛下「1日も早く平和を」 ウクライナ情勢案じられる

社会 皇室


天皇皇后両陛下はルーマニアの大統領夫妻と面会され、陛下はウクライナ情勢を案じる思いを示された。

7日夕方、両陛下はお住まいの御所の玄関で、ルーマニアのヨハニス大統領夫妻を出迎え、握手を交わされた。

宮内庁によると、大統領が隣国ウクライナからの避難民の受け入れなどについて説明すると、陛下は、「大統領が人道的な見地から支援をされていることに敬意を表します。戦争により多くの人たちが亡くなっていることに心を痛めています。1日も早く平和が戻ってくることを心から願っています」と、案じる思いを示されたという。

(FNNプライムオンライン3月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 皇室・王室