【独自】1.1億円 個人的借り入れ返済に 太陽光発電めぐり逮捕の会社社長

社会


太陽光発電事業をめぐる横領事件で逮捕された投資会社代表は、横領した金を別の会社の資金繰りや個人的な借り入れの返済に充てていたことが新たにわかった。

三浦清志容疑者(43)は、管理を任されていた会社の資金を横領した疑いが持たれている。

関係者によると、横領した4億2,000万円のうち、2億7,000万円は、三浦容疑者が管理する別の太陽光事業の会社の資金繰りに充てられていたほか、1億1,000万円は、個人的な借り入れの返済に充てられていたことが新たにわかった。

三浦容疑者の会社は、資金繰りが苦しい自転車操業状態だったということで、特捜部は、金の流れについて調べを進めているとみられる。

(FNNプライムオンライン3月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース