高市大臣“同席者”に「確認」 レクは「受けていない」

政治・外交


国会では、放送法の解釈に関する行政文書に記された、当時の高市総務相に対する説明、「大臣レク」が行われたかどうかについて、野党が攻勢を強めている。

高市経済安保相「放送法の政治的公平に関するレクは受けていないということを、あらためて申し上げます」

立憲民主党・杉尾参院議員「レクの存在自体を否定してたんですよ。ところが、今回は『放送法のレクを受けたことがない』、こういう言い方で『捏造(ねつぞう)だ』という言葉をまったく使わなくなった」

15日午後から行われている参議院予算委員会で、高市経済安保相は、「放送法の政治的公平に関するレクは受けていない」としたうえで、文書に同席したと記されている当時の秘書官らに、「しっかりと確認を取った。私が確認した」と述べた。

これに先立ち、立憲民主党の安住国対委員長は、「言論の自由は民主主義の社会の中で重要だ」と述べていて、放送法の解釈に関する文書についての追及を続ける方針を示した。

(FNNプライムオンライン3月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース