コロナ禍の災害に備え訓練 東北6県警、遺体収容の方法確認

社会

新型コロナウイルス禍が続く状況での大規模災害に備えた訓練で、フェースシールドを着け、手袋を二重にはめて実演をする岩手県警の検視官ら=5日午前、岩手県滝沢市
新型コロナウイルス禍が続く状況での大規模災害に備えた訓練で、フェースシールドを着け、手袋を二重にはめて実演をする岩手県警の検視官ら=5日午前、岩手県滝沢市

東北管区警察局(仙台市)と管内6県警は5日、新型コロナウイルス禍が続く状況での大規模災害に備え、合同...

共同通信

共同通信ニュース 社会