朝日新聞支局襲撃から34年 コロナ禍でも「忘れない」

社会

朝日新聞阪神支局に飾られた小尻知博記者の遺影の前で、手を合わせる男性=3日午前、兵庫県西宮市
朝日新聞阪神支局に飾られた小尻知博記者の遺影の前で、手を合わせる男性=3日午前、兵庫県西宮市

1987年に朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)で記者2人が散弾銃で殺傷された事件から34年となった3日...

共同通信

共同通信ニュース 社会