日本の医療「意思決定が官僚的」 病床逼迫でWHO元幹部

社会 健康・医療

新型コロナ対策を巡り「多国間の協力関係が後退している」と危機感を示すケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長
新型コロナ対策を巡り「多国間の協力関係が後退している」と危機感を示すケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長

世界保健機関(WHO)事務局長補を務めた感染症の専門家のケイジ・フクダ香港大公共衛生学院院長が7日ま...

共同通信

共同通信ニュース