赤白帽、赤の方が熱吸収 表面温度に10度の差

社会 健康・医療

赤白帽などの表面温度を測る実験の様子=7月、東京都小平市(武蔵野美術大の北徹朗教授研究室提供)
赤白帽などの表面温度を測る実験の様子=7月、東京都小平市(武蔵野美術大の北徹朗教授研究室提供)

小学校の体育の授業などでおなじみの赤白帽は、赤の方が白より熱を吸収し、表面温度が10度も高くなる―。...

共同通信

共同通信ニュース