春耕本番 農機も出荷ピーク 十勝

経済・ビジネス 社会

シーズンの始まりを受け、出荷がピークを迎えている農業機械
シーズンの始まりを受け、出荷がピークを迎えている農業機械

農作業シーズンの始まりを受け、管内の農業機械メーカーでは、作業機の出荷がピークを迎えている。

エア・ウォーターグループの日農機製工(足寄町)の製品置き場には、主力製品の高精度多機能カルチベーター(除草機)がずらりと待機。6日も、完成した農機が次々と製品置き場に運ばれた。

管内を中心に全道各地から受注。出荷作業は3月下旬にスタートし、5月まで続く。今年は約300台の販売を見込む。施肥・は種機、ポテトプランターの出荷も農作業が始まる4月下旬に向けて、最盛期を迎えている。

管内のJA取扱高は昨年、過去2番目の3456億円を記録。機械化が十勝農業の生産性を向上させてきた。グループ会社で販売部門を担当する日農機(音更町)は「農機の販売を通じて引き続き、十勝農業に貢献したい」としている。

(十勝毎日新聞社/全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合、元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright Tokachi Mainichi Newspaper, Inc./Kyodoshi conference. All rights reserved.]

北海道 全国郷土紙連合 十勝毎日新聞