名瀑 幻想的な世界 5月9日まで 「玉簾の滝」ライトアップ

地域 社会 旅と暮らし

酒田市升田の名瀑「玉簾(たますだれ)の滝」で、恒例のライトアップが行われ、幻想的な世界が行楽客たちを楽しませている。


玉簾の滝は落差63メートル、幅5メートルで落ち口から滝つぼまで垂直に落ちる「直瀑」としては県内随一の規模を誇る。ライトアップは地元の升田自治会(高橋隆寛会長)が毎年この時期とお盆に行っており今回、水銀灯からLED(発光ダイオード)に変更、より明るく鮮明になった。

緑色の深海に潜り込んだような幻想的な雰囲気の中、雨で水量を増した滝は圧巻。行楽客は滝つぼ近くまで足を運んでいた。同自治会の池田善幸さん(68)は「導線も重ならないよう配慮しているので、ぜひ見に来て」と話した。点灯は5月9日(日)までで、時間は日没から午後9時まで。

(荘内日報社 全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合。元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright The Shonai Nippo Press Co.,Ltd./Kyodoshi conference. All rights reserved.]

山形 全国郷土紙連合 荘内日報社