喜界島PR動画を公開 写真家の大杉隼平さんら協力 サンゴ礁科学研

地域 社会 環境・自然・生物 旅と暮らし

喜界島PR動画の一場面(島の南西に位置するウガミ礁)
喜界島PR動画の一場面(島の南西に位置するウガミ礁)

9月27日の「世界観光の日」を前に、鹿児島県の喜界島サンゴ礁科学研究所(渡邊剛理事長)は、喜界町と写真家の大杉隼平さんと共同で制作した喜界島PR動画「喜界島 過去と未来をつなぐ島」を公開した。「喜界島の魅力を世界中へ届けたいとの思いを込めて制作した。科学者と写真家の目、心を通して見えてくる喜界島の姿がつまった動画」と視聴を呼び掛けている。

動画は10分37秒。自然の美しさ、受け継がれてきたサンゴ礁文化・伝統、人の営みなど「さまざまな喜界島の姿」が伝わる内容。制作には同研究所に関わる大学生らも参加。「科学者と写真家の異なる視点から見える島の姿をどう表現するか」繰り返し試行錯誤しながら構成を考えた。

動画投稿サイト・ユーチューブの喜界島サンゴ礁科学研究所専用チャンネルで今月24日から公開している。

(南海日日新聞社 全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合。元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright Nankai Nichinichi/Kyodoshi conference. All rights reserved.]

鹿児島県 全国郷土紙連合 奄美 南海日日新聞社