複雑化するごみ出しルール 外国出身者に分かりやすく 酒田市4カ国語でポスターに表記

地域 社会 暮らし

複雑化するごみ出しルールについて外国出身者から正しく理解してもらおうと、酒田市は「多言語版ごみ出しルール」を書き入れたポスターを発行した。英語と中国語、韓国語、ベトナム語の4カ国語でそれぞれルールを細かく表記、イラストを多用して分かりやすく紹介している。

ごみ出しルールは、家庭系ごみと資源物の排出ルールを定めたもの。全戸配布の「ごみルール酒田カレンダー」の上部に書かれている。市地域共生課は今回、ルールが複雑化する中、外国出身者から正しく理解してもらい、酒田での生活をより良いものにしてもらおうと、主な出身国の対応語版を初めて作成した。

排出するごみは、▽もやすごみ▽ペットボトル▽スチール缶やアルミ缶などの資源物▽埋め立てごみ▽紙資源―などに大別。その上で「廃食用油は紙などで不純物を濾(こ)してペットボトルに入れて出す」「蛍光管と電池はそれぞれ透明な袋に入れて『水銀』と書かれた日に出す」といった注意事項、粗大ごみや水銀式体温計などの出し方を4カ国語でそれぞれ表記している。

多言語版ごみ出しルールは、市国際交流サロン(市交流ひろば2階)、市役所1階市民課窓口に設置しているほか、市ホームページにも掲載している。

酒田市が作成した多言語版ごみ出しルールのうちベトナム語版
酒田市が作成した多言語版ごみ出しルールのうちベトナム語版

(荘内日報社 全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合。元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright The Shonai Nippo Press Co.,Ltd./Kyodoshi conference. All rights reserved.]

全国郷土紙連合 荘内日報社 山形県