紫色の実がたわわ オオムラサキシキブ見ごろ

地域 旅と暮らし

紫色の実が鮮やかなオオムラサキシキブ=22日午後、仲田園芸
紫色の実が鮮やかなオオムラサキシキブ=22日午後、仲田園芸

石垣市平得の「仲田園芸」でオオムラサキシキブが紫色の実をつけ、見ごろを迎えている。昨年12月ごろから実をつけ始め、1月中旬にはたわわに実っている。

高貴な紫色の実を歌人の紫式部に重ねたもので、今年のNHK大河ドラマは紫式部を主人公にした「光る君へ」。

同店主の仲田正子さん(89)は「今年になってオオムラサキシキブの苗が売れ始めた。このオオムラサキシキブは植えてから10年たつ。一緒に成長してきた。あんたも年をとったな」と笑顔をみせた。

(八重山毎日新聞 全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合。元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright Yaeyama Mainichi/Kyodoshi conference. All rights reserved.]

全国郷土紙連合 八重山毎日新聞 沖縄県