米代川に県内外から太公望 サクラマス釣り解禁

地域 旅と暮らし

サクラマス釣りが解禁され、米代川で魚信を待つ愛好者(能代市内で)
サクラマス釣りが解禁され、米代川で魚信を待つ愛好者(能代市内で)

県内の各河川で1日、サクラマス釣りが解禁された。全国的にも好スポットとして知られる米代川では、この日を待ちわびた県内外の太公望が竿(さお)を振り、早速サクラマスを釣り上げた人もいた。

サクラマスはヤマメが海に下りて成長したもので、産卵のため川を遡上する。魚体は大きくて美しく、釣るのは難しいとされているが愛好者の人気が高い。

能代市を流れる米代川は多くのサクラマスが遡上することで知られ、解禁日の4月1日には県内外の多くの愛好者でにぎわう。今年も本県や岩手、福島など東北各県のほか群馬や宇都宮(栃木)などのナンバーの車が見られた。

能代市扇田の米代新橋付近の米代川では釣り人が腰の深さまで川に入ったり、河原に立ったりして魚信を待った。

岩手県二戸市の男性(33)は車で前日に能代市入りし、1日午前4時30分ごろから釣りを始めて1時間後に銀鱗(ぎんりん)のサクラマス1匹を釣った。男性は「毎年1匹は釣って食べているが、希少価値の高い魚なので2匹目以降は釣っても川にリリースする。サクラマスは刺し身でも焼いてもおいしい」と話した。

米代川水系サクラマス協議会は資源保護を図るため、今年からサクラマスの遊漁期間を4月1日から7月31日までと昨季(8月31日まで)より1カ月短縮した。また、期間中に採捕できるサクラマスは1人10匹までに制限している。同協議会発行の遊漁券は1日券3500円(現場売り5千円)、1年券1万5千円。

(北羽新報社 全国12新聞社加盟 全国郷土紙連合。元記事はこちら

http://kyodoshi.com/

[Copyright The Hokuu Shimpo/Kyodoshi conference. All rights reserved.]

全国郷土紙連合 北羽新報社 秋田県