【動画】「分身ロボットカフェ」がオープン=障害者が遠隔操作で接客

映像 社会 技術

障害者が、分身となるロボットを遠隔操作して接客する実験的なカフェ「分身ロボットカフェ DAWN ver.β(ドーン バージョン ベータ)」が26日、東京都港区の日本財団ビルにオープンした。分身ロボット「Orihime―D(オリヒメディー)」を操作するのは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者ら、働きたくてもかなわない20~40代の男女計10人。10人は交代でそれぞれの自宅などから、ロボットの機能を使って客から注文をとり、飲み物をトレーでテーブルまで届けたり、会話したりする。カフェは12月7日までの期間限定で、平日午後1時から同5時まで営業する。

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 健康・医療 ロボット 日本財団 障害者