【動画】刀匠の仕事始め「打ち初め式」=岐阜県関市

映像 文化 旅と暮らし

刃物の町として知られる岐阜県関市で2日、刀匠たちの仕事始め「打ち初め式」が行われた。約1300度で真っ赤になるまで熱せられた日本刀の素材「玉鋼(たまはがね)」を刀匠が打ち延ばす。折り返して2枚に重ねる「折り返し鍛錬」と呼ばれる工程では、大槌を打ち付けるたびにカーンカーンという高い音とともに火花が美しく飛び散り、見物客を魅了した。

【時事通信名古屋支社】