【動画】2号機内部の調査機器公開 =デブリつまみ硬さ確認-福島第1原発

映像 社会

東芝エネルギーシステムズは28日、東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調査する機器を報道陣に公開した。底部に溶け落ちた核燃料(デブリ)を直接つまんで硬さなどを調べる機能を搭載。東電は2月中旬から下旬に投入する予定。

機器は長さ約30センチ、幅約10センチで、カメラやライトのほか、先端に長さ約3センチの「指」を搭載した。デブリをつまみ、動かせるかどうかや、どの程度の力で壊れるかなどを調べる。

映像=東芝エネルギーシステムズ提供

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 福島第一原発