【動画】密輸のサル、新種の可能性=成田空港で摘発

映像 社会

千葉県警と東京税関は11日までに、絶滅の恐れがある希少なサルなどをタイから密輸しようとしたとして、関税法違反(無許可輸入未遂)容疑で、塗装建設業高西健也容疑者(40)=東京都中野区江原町=を逮捕した。このうち、サルは新種の可能性があるという。

逮捕容疑は2018年9月、ワシントン条約で取引が制限されているサルやカメのほか、ネズミやトカゲなど計17匹を密輸しようとした疑い。 県警などによると、専門家に鑑定を依頼したところ、このうちサル2匹はガラゴ科ショウガラゴ属だが、該当する種がなかったという。尾を除く体長は約15センチで、大きな目と耳、灰色の体毛が特徴。

成田空港で税関職員が高西容疑者のスーツケースを開けたところ、きんちゃく袋や竹かごに入ったサルやカメを発見した。高西容疑者は10万円の報酬で、関係者がバンコクのマーケットで購入したサルやカメを成田まで運ぶように指示されたと供述しているという。

(映像:東京税関成田税関支署提供)

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 事件・犯罪 環境・生物・自然 動物 サル 成田空港