【動画】東京五輪、再生アルミで復興モニュメント=仮設住宅の材料を利用

映像 社会 東京2020

東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、大会理念の「復興」を象徴する取り組みとして、東日本大震災被災地の仮設住宅で使ったアルミ建材を再利用し、モニュメントを制作する計画を発表した。大会中は競技会場周辺などに設置し、大会後は被災地で展示する。モニュメントは岩手、宮城、福島の3県の仮設住宅で使われた再生アルミ2トンを用いて、東京芸術大学の学生と被災地の中高生が協力して各県一つずつ制作。大会中に被災地からのメッセージを掲示した後、選手のサインを加えて被災地に戻す。

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 東日本大震災 東京五輪・パラリンピック 災害復興