【動画】ダイハツがコンセプトモデル「ハイ-ファン(HY-Fun)」を世界初公開=インドネシア・国際オートショー

映像 経済・ビジネス 国際

インドネシア自動車協会(ガイキンド)などが主催する「国際オートショー(GIIAS)」が18日、バンテン州タンゲランの大型展示場「インドネシア・コンベンション・エキシビション(ICE)」で開幕した。多くのメーカーがEVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車を前面に押し出して展示。電気自動車(EV)の普及・生産に力を入れる政府に歩調を合わせた。

今年のテーマは「FUTURE IN MOTION」。乗用車と商用車合わせて計27ブランドが出展し、昨年より2ブランド増えた。電動車では、ダイハツ工業がハイブリッド車のコンセプトモデルを世界初公開。三菱自動車も、東南アジア初投入となるプラグインハイブリッド電気自動車「アウトランダーPHEV」を披露した。日産自動車はEV「リーフ」を展示し、2020年に発売すると公表した。トヨタ自動車は、17年の東京モーターショーで発表した燃料電池車のコンセプトモデルをインドネシアで初公開した。

【時事通信ジャカルタ支局】

時事通信ニュース 自動車 トヨタ自動車 日産自動車 インドネシア 三菱自動車 東南アジア ダイハツ工業