【動画】ラグビー・ウルグアイ代表、店で暴れる=従業員にタックル、県警聴取-熊本

社会 スポーツ 映像

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で来日していたウルグアイの代表選手2人が、試合後に熊本市内の飲食店で暴れ、熊本県警から事情聴取を受けていたことが16日、分かった。店の男性従業員にタックルしたり、備品を壊したりしたという。ウルグアイは13日のウェールズ戦に敗れ、15日に離日している。

店側の代理人弁護士によると、男性従業員は腰椎捻挫などのけがをし、熊本中央署に被害届を提出した。近く傷害容疑などで告訴する方針。店の男性オーナーは「音響機材や鏡、トイレの壁が壊され、損害額は数百万円」と話し、17日まで臨時休業を続けるという。

動画は14日未明に撮影された防犯カメラ映像。(飲食店提供)

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース ラグビー ラグビーW杯日本大会