【動画】広島で「平和のための集い」に参加したローマ教皇

社会 映像

フランシスコ・ローマ教皇は24日夕、平和記念公園で開かれた「平和のための集い」に参加した。集いには宗教関係者や被爆者ら約2000人が出席。教皇は原爆死没者慰霊碑への献花後、被爆者から被爆体験の証言を聞いた。その後「平和へのメッセージ」を発表し「真の平和とは、武器を持たない平和以外にあり得ない」と強調した。また「紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威での威嚇に頼りながら、どうやって平和を提案できるのか」と世界に問い掛けた。

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 広島 宗教 原爆 被爆者 キリスト教 広島市 広島平和記念公園 平和 カトリック ローマ教皇