【動画】オホーツク海で流氷観測

社会 映像

オホーツク海を南下する流氷が船舶などと衝突するのを防ぐため、第1管区海上保安本部(北海道小樽市)が航空機で実施する「海氷観測」が16日、報道公開された。流氷は網走市の北約80キロまで到達しており、氷塊同士がぶつかり合い、縁がまくれ上がった円形の「はす葉氷」などが上空から観測できた。

【時事通信映像センター】

北海道 時事通信ニュース 気象 オホーツク海 海上保安庁