【動画】震災の記憶刻み、伝える 令和世代へ、各地で追悼―阪神大震災25年

社会 映像

6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から25年となった。地震が起きた午前5時46分、被災した神戸市を中心に各地で犠牲者への祈りがささげられた。時代は平成から令和に変わり、被災地では震災の記憶を忘れず、教訓を次の世代に継承する思いを新たにした。

神戸市中央区の公園「東遊園地」では、NPO法人などが追悼の集いを開き、午前7時までに約7500人が訪れた。四半世紀の経過を受け、震災の記憶を心に刻む思いを込めて「きざむ 1.17」の形に並べた約5000本の竹灯籠などに火がともされた。発生時刻には遺族らが黙とうし、犠牲者を悼んだ。

【時事通信映像センター】

災害 地震 時事通信ニュース 関西 兵庫 神戸市 阪神・淡路大震災