【動画】入場者の上限緩和、東京Dで検証 人の流れを把握へ 巨人

スポーツ 社会 医療・健康 映像

プロ野球巨人は7日、本拠地の東京ドームで行われたヤクルト戦で、これまでの来場者の上限(1万9000人)を緩和し、人の流れなどを把握するための検証を始めた。8日の同カードでも実施する。その一つが新型コロナウイルス感染対策と来場者のプライバシー保護を両立させるための新技術。日立製作所によるもので、場内のカメラで動いている人、立ち止まっている人を異なる色のアイコンで表示し、混雑具合を調べる。

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース 健康・医療 プロ野球 感染症 COVID-19 新型コロナウイルス 新型コロナ 新しい生活様式 新型コロナ 社会 影響・対策