【動画】マグロ初競り、安値スタート コロナ禍で静かな幕開け 豊洲市場

経済・ビジネス 旅と暮らし 映像

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新春の初競りが行われた。新型コロナウイルスの感染再拡大で自粛ムードが広がる中、クロマグロの競りは昨年までのような超高値は付かず、静かなスタートとなった。

注目されたマグロの競りは、鐘の音の合図とともに午前5時10分に開始。1番人気は、208.4キロの青森県大間産で、1キロ当たり10万円、1匹2084万円の値が付いた。 「国産天然もの」が、昨年の2倍近く上場されたことや、コロナ禍で外食需要が低迷しているため、昨年の1億9320万円には遠く及ばなかった。

【時事通信映像センター】

時事通信ニュース マグロ 豊洲市場 魚介類