しばらく警戒必要、専門家の意見受け明日決定=緊急事態延長で菅首相

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康

2月1日 菅義偉首相は11都府県を対象に7日を期限に発令している緊急事態宣言を延長するかどうかについて、「あす専門家による諮問委員会を開き、決定したい」と述べた。写真はバイデン米大統領との会談を終え、取材に応じる菅氏。1月28日、首相官邸で撮影(2021年 時事通信)
2月1日 菅義偉首相は11都府県を対象に7日を期限に発令している緊急事態宣言を延長するかどうかについて、「あす専門家による諮問委員会を開き、決定したい」と述べた。写真はバイデン米大統領との会談を終え、取材に応じる菅氏。1月28日、首相官邸で撮影(2021年 時事通信)

[東京 1日 ロイター] - 菅義偉首相は1日夜、11都府県を対象に7日を期限に発令している緊急事態宣言を延長するかどうかについて、「あす専門家による諮問委員会を開き、決定したい」と述べた。菅首相は「感染者数は減少傾向にあるが、しばらくは警戒が必要な状況だ」との認識も示した。

官邸で記者団に語った。

NHKは1日夜、政府が緊急事態宣言を来月7日まで延長する方針を固めたと報じた。栃木県は解除するという。

(石田仁志)

ロイター通信ニュース