ミャンマー情勢「推移を見守りたい」と茂木外相、制裁は明言せず

政治・外交 国際

2月2日 茂木敏充外相は閣議後会見で、政権を掌握したミャンマー国軍に制裁を科す可能性を問われ、「事態がどう推移しているか、しっかり見守りたい」と述べ、明確な答えを避けた。写真は1月8日、ブラジルのブラジリアで撮影(2021年 ロイター/Adriano Machado)
2月2日 茂木敏充外相は閣議後会見で、政権を掌握したミャンマー国軍に制裁を科す可能性を問われ、「事態がどう推移しているか、しっかり見守りたい」と述べ、明確な答えを避けた。写真は1月8日、ブラジルのブラジリアで撮影(2021年 ロイター/Adriano Machado)

[東京 2日 ロイター] - 茂木敏充外相は2日の閣議後会見で、政権を掌握したミャンマー国軍に制裁を科す可能性を問われ、「事態がどう推移しているか、しっかり見守りたい」と述べ、明確な答えを避けた。

バイデン新政権が発足したばかりの米国は、ミャンマーへの制裁を復活させる可能性を示唆している。日本は2011年の民政移管以降、ミャンマーの軍当局と関係強化を進めてきた。茂木外相も、日本とミャンマーで国軍のフライン司令官と会談をしている。

茂木外相は「民主化プロセスが回復するのがきわめて重要。同時に関係国との連携も意を払っていきたい」と語った。その上で、軍関係者と連絡を取り合いながら、民主化プロセスに戻るよう日本の立場を伝えていく意向を示した。

(久保信博)

ロイター通信ニュース