日本でコロナワクチンの接種始まる、まずは医療従事者4万人

社会 暮らし 医療・健康

2月17日朝、新型コロナウイルスのワクチン接種が日本で始まった。写真は16日、都内の病院に搬送されるファイザー製ワクチン。代表撮影(2021年 ロイター)
2月17日朝、新型コロナウイルスのワクチン接種が日本で始まった。写真は16日、都内の病院に搬送されるファイザー製ワクチン。代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - 新型コロナウイルスのワクチン接種が17日朝、日本で始まった。まずは国立病院機構など、100医療機関の4万人の医療従事者を対象に接種する。厚生労働省は国内の医療従事者を370万人と試算。65歳以上の高齢者向けは4月に始める。

全国に先駆けて接種が行われたのは、東京目黒区にある国立病院機構東京医療センター。対象は同病院の勤務者や業務委託者で、医師が当日の健康状態などを聞いた上で接種を進めた。

接種を受けた女性看護師の1人は「痛みも腫れもない」とした上で、「海外でも(コロナの)死亡率や発症リスクが減少しているということなので、日本の今の現状がワクチン接種で変わればと思っている」と語った。

病院側は副反応が出た場合に備え、ストレッチャーや酸素ボンベなどを会場に用意した。

先行して接種する4万人の医療従事者のうち、2万人は継続的に観察日誌をつけワクチンの安全性を調査する。2回目の接種は3月10日以降という。

厚労省は、全国に370万人の医療従事者がいると推定している。高齢者向けは4月から始め、16日に会見した河野太郎行革担当相は「2カ月と3週間(で終えること)を目標としている」語った。それ以外の人たちの接種が可能になる時期については明示しなかった。

日本は主要国の中でワクチンの接種開始が遅れていた。政府は米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から供給を受ける予定。うち国内で承認が下りたのはファイザーのみ。先週、欧州連合(EU)から同社製ワクチンの第1便が到着し、14日に正式承認した。

*内容を追加しました。

ロイター通信ニュース