NBA=ワクチン接種のスカウト、海外移動可能に ESPN報道

NBAはワクチン接種が完了したスカウトの海外移動を認めるという。写真はNBAのロゴ。北京で2019年10月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)
NBAはワクチン接種が完了したスカウトの海外移動を認めるという。写真はNBAのロゴ。北京で2019年10月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[19日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は、ワクチン接種が完了したスカウトの海外移動を認めるという。米スポーツ専門チャンネル「ESPN」が19日、報じた。

米国を拠点とするチーム関係者は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年10月から海外でのスカウト活動が禁止されていた。

ファイザー製かモデルナ製のワクチンの場合は2回目の接種から7日後、ジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチンの場合は1回の接種から14日経てば、スタッフのワクチン接種が完了したと見なされるという。

チーム関係者は、一般公開されているかNBAの全30チームがアクセス可能である場合にのみ、代表戦や練習を視察できるという。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース