サッカー=スーパーリーグ構想、スペインリーグは支持せず

サッカーのスペインリーグは19日、欧州スーパーリーグ構想を支持しない意向を発表した。写真はスペインリーグのハビエル・テバス会長。マドリードで1月撮影(2021年 ロイター/Susana Vera)
サッカーのスペインリーグは19日、欧州スーパーリーグ構想を支持しない意向を発表した。写真はスペインリーグのハビエル・テバス会長。マドリードで1月撮影(2021年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 19日 ロイター] - サッカーのスペインリーグは19日、欧州スーパーリーグ構想を支持しない意向を発表した。スペインリーグのハビエル・テバス会長は、かねてから欧州サッカー界での新たなリーグの創設に反対してきた。

スーパーリーグの構想は18日に発表。スペイン1部からは、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレチコ・マドリードの3クラブが創設12クラブに名を連ねている。

スペインリーグは声明で「欧州のトップクラブによる新たな大会の構想は、超富裕層の富をさらに膨らませるための利己的かつ傲慢な提案にすぎない」とコメントした。

同リーグはスーパーリーグの実現を阻止するために、必要なことは何でもするとの考えを明かしている。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース