ASEAN、24日首脳会議でミャンマー情勢協議 一部は外相が出席

東南アジア諸国連合(ASEAN)は、インドネシアのジャカルタで24日に開催する首脳会議でミャンマー情勢について協議する。ASEAN事務局が20日、明らかにした。写真はサガインで3月撮影(2021年 ロイター)
東南アジア諸国連合(ASEAN)は、インドネシアのジャカルタで24日に開催する首脳会議でミャンマー情勢について協議する。ASEAN事務局が20日、明らかにした。写真はサガインで3月撮影(2021年 ロイター)

[20日 ロイター] - 東南アジア諸国連合(ASEAN)は、インドネシアのジャカルタで24日に開催する首脳会議でミャンマー情勢について協議する。ASEAN事務局が20日、明らかにした。ただタイのプラユット首相によると、一部の国は外相が代理で出席する見込み。

プラユット氏は閣議後、記者団にドン副首相兼外相を派遣するとし「他の国も一部は外相が出席するだろう」と述べた。

ASEANは、軍事クーデターで混乱する加盟国ミャンマーへの対応を模索しているが、殺傷能力の高い武器の使用については見解が分かれている。

インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールはミャンマー軍事政権に対する圧力を強めるよう主張しているが、タイは流血の事態に「重大な懸念」を表明するのみにとどまっている。

ASEAN事務局の幹部は、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上でインドネシアの首都ジャカルタで対面式で首脳会議を開くと明らかにした。

何カ国の首脳が参加するかは明らかになっていない。一方、タイ外務省報道官は17日、ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官が首脳会議に出席する意向を示したと明らかにした。

ミャンマー政府はコメントしていない。これまで同国の軍事政権はASEANの会議に首相か外相を派遣しており、総司令官が出席する可能性は低いとみられている。

今年のASEAN議長国であるブルネイの外務省は、首脳会議についてコメントを控えている。

欧州連合(EU)は19日付の官報で、ミャンマーで2月にクーデターを起こした国軍の関係者のほか、国軍系企業に対する制裁を導入したと発表した。

*タイ首相の発言などを追加しました。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース