J&Jワクチン、米2州で女性2人が接種後に死亡・入院 CDCが調査

4月22日、米テキサス州でジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを接種した女性が、これまで国内の同ワクチン接種者6人が発症した血栓症のような症状を起こして入院した。写真は同社
のワクチン。スペインのパンプローナで撮影(2021年 ロイター/Vincent West)
4月22日、米テキサス州でジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを接種した女性が、これまで国内の同ワクチン接種者6人が発症した血栓症のような症状を起こして入院した。写真は同社 のワクチン。スペインのパンプローナで撮影(2021年 ロイター/Vincent West)

[22日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後に死亡したオレゴン州の女性と、入院したテキサス州の女性の2事例について調査を進めている。両州の当局者が明らかにした。

CDCと米食品医薬品局(FDA)は今月13日、J&J製ワクチン接種者約700万人のうち、6人がまれな血栓症を発症したことを受け、ワクチン使用の一時中止を勧告。CDCの諮問委員会は23日に会合を開き、接種再開の是非を判断する予定となっている。

州当局者によると、CDCはオレゴン州には20日に、テキサス州には21日に、それぞれ事例を通知したという。

オレゴン州保健当局の発表文によると、同州の50代の女性はワクチン使用の一時中止命令が出される前にワクチンを接種。「2週間以内にまれだが深刻な血栓」が形成された。血小板が非常に少ない状態も確認されたという。

これとは別にテキサス州では、ワクチンを接種した女性が、これまで国内の同ワクチン接種者6人が発症した血栓症のような症状を起こして入院した。州保健当局の報道官が明らかにした。

両州ともに、今回は従来の6例とは別の事例であることを確認した。

*内容を追加しました。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース