ファーウェイ、中国スマホ出荷半減 市場シェアも縮小=調査

調査会社カナリスによると、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の中国国内のスマートフォン出荷台数が第1・四半期に半減した。北京で昨年7月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)
調査会社カナリスによると、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の中国国内のスマートフォン出荷台数が第1・四半期に半減した。北京で昨年7月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[上海 29日 ロイター] - 調査会社カナリスによると、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の中国国内のスマートフォン出荷台数が第1・四半期に半減した。同社のサプライチェーン(供給網)への米制裁が影響した。

出荷台数は1490万台。前年同期は3010万台だった。

市場シェアも16%と前年同期の41%から縮小。ライバルのVivo(ビボ)、Oppo(オッポ)に次ぐ3位に転落した。

VivoとOppoはファーウェイから市場シェアを奪い、出荷台数がそれぞれ79%増の2160万台、65%増の2060万台となった。

ファーウェイは2019年にトランプ前米大統領が講じた禁輸措置により米国の技術を利用できず、半導体の設計や部品の調達が困難になっている。

同社が28日発表した第1・四半期決算は、スマホ販売の落ち込みを背景に売上高が前年比16.5%減少した。

中国のスマホ市場は全体としては新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)前の水準を回復。第1・四半期の出荷台数は、国内のコロナ流行のピーク期だった前年同期から24%増加した。

小米科技(シャオミ)の出荷台数は75%増の1350万台。米アップルの出荷台数も、高速通信規格「5G」に対応した「iPhone12」の強い需要を背景に49%増の1200万台となった。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース