独失業者数、4月は9000人増 予想に反し悪化

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ連邦雇用庁が発表した4月の失業者数(季節調整後)は前月比9000人増の276万人と予想に反し悪化した。また、企業が雇用維持助成金制度を活用し、より多くの従業員を時短勤務させていることが分かった。

ロイターがまとめた失業者数の市場予想は1万人減だった。

失業率は前月比横ばいの6.0%。

時短勤務制度を利用している従業員数は2月に327万人と1月の290万人から増加した。

雇用庁のシーレ長官は「多くの地域で継続中の制限措置が回復を鈍化させているが、全体的には新たな負担にはつながっていない」と述べた。

季節調整前の失業者数は約5万6000人減の277万1000人だった。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース