フランス、外出禁止令を段階的緩和へ 5月19日から=報道

[パリ 29日 ロイター] - フランスでは5月19日から夜間外出禁止令が段階的に緩和され、カフェやバー、レストランでは屋外のテラス席での営業が可能になる見通しだ。

マクロン大統領が現地紙とのインタビューで、外出禁止令の解除に向けた段階的な計画を表明。ワクチン接種の展開によって可能になると述べた。

計画によると、外出禁止令の開始時間を現行の午後7時から5月19日以降は午後9時、6月9日以降は午後11時に遅らせ、6月30日には完全に解除される見通し。

美術館、映画館、劇場も5月19日から営業を再開。6月9日から「健康パス」を保有する外国人観光客の入国も認めるという。

ただ、報道によると計画は暫定的なもので、緩和時期などが地域ごとで変更される可能性がある。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース