中国、フィンテック13社に規制順守を指導 テンセントなど

中国人民銀行(中央銀行)は29日、規制当局がインターネット上で金融業務に携わるフィンテック企業13社を召喚し、規制順守の強化を指導したと明らかにした(2021年 ロイター/Thomas Peter)
中国人民銀行(中央銀行)は29日、規制当局がインターネット上で金融業務に携わるフィンテック企業13社を召喚し、規制順守の強化を指導したと明らかにした(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 29日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は29日、規制当局がインターネット上で金融業務に携わるフィンテック企業13社を召喚し、規制順守の強化を指導したと明らかにした。

インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)や、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が含まれる。

要件を満たしていれば、金融持株会社の設立が必要となるほか、規制順守に向けた「事業是正」計画の作成や、決済ツールと他の金融商品の「不適切」な関係の解消などが求められる。

アリババ・グループ・ホールディング傘下のアント・グループも、フィンテック企業から金融持ち株会社への再編を指示されたばかり。

人民銀は声明で、フィンテックが「金融サービスの効率を高め、アクセスを拡大する上で重要な役割を果たした」としつつも、「一部の金融サービスは無免許で運営されており、規制逃れ、不公正な競争、消費者の利益を損ねるという重大な規律違反が存在する」と指摘した。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース