ポルトガルで世界最長の歩行者用つり橋オープン

[アロウカ(ポルトガル) 29日 ロイター] - ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。

ユネスコ認定のアロウカ・ジオパーク内にあり、長さは516メートル、橋の下を流れる川からは175メートルの高さだ。

鉄製のケーブルと両端にある塔で支えられており、下が見える金属性の格子の上を一歩進むたびに少し揺れる。

オープン初日に橋を渡った42歳の地元男性は、最初は緊張した様子だったが、渡り終えるとすぐに「少し怖かったけれど、とても渡る価値があるよ。ユニークな体験だ。アドレナリンが出るよ」と語った。

橋は約3億円を投じ、2年ほどかけて建設された。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けたこともあり、住民は地元の活性化につながると期待している。

ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Violeta Santos Moura)
ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Violeta Santos Moura)

ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Violeta Santos Moura)
ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Violeta Santos Moura)

ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Julio Torres)
ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Julio Torres)

ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Julio Torres)
ポルトガル北部の町、アロウカ近郊で29日、世界最長の歩行者用つり橋がオープンした。(2021年 ロイター/Julio Torres)

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース