日経平均は続伸でスタート、米国株式市場の強い基調を引き継ぐ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比82円97銭高の2万8626円48銭となり、5日続伸してスタート。写真は東京証券取引所で2012年9月撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)
寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比82円97銭高の2万8626円48銭となり、5日続伸してスタート。写真は東京証券取引所で2012年9月撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 3日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比82円97銭高の2万8626円48銭となり、5日続伸してスタート。現在150円超高の2万8600円台後半での推移となっている。オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数が上昇し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が最高値更新となった。

東証33業種では、情報・通信業、その他製品、小売業を除く30業種が値上がり。鉄鋼、空運業、鉱業、非鉄金属、石油・石炭製品などが値上がり率上位となっており、景気敏感株を中心に買いが先行している。個別では、ファーストリテイリングが続落。日経平均を約50円押し下げる要因となっている。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース