JAL、3000億円規模の資金調達検討 コロナ禍長期化で=関係筋

9月9日、日本航空(JAL)が3000億円規模の資金調達を検討していることが分かった。羽田空港で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)
9月9日、日本航空(JAL)が3000億円規模の資金調達を検討していることが分かった。羽田空港で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 日本航空(JAL)が3000億円規模の資金調達を検討していることが分かった。新型コロナウイルスの影響の長期化で旅客需要の落ち込みが続いており、財務基盤を強化する。

劣後ローンや普通社債など複数の調達方法を検討中で、予防的に運転資金を確保するため、今月中にも実施したい考え。複数の関係筋が9日明らかにした。

JALの広報担当者は、資金調達について「コメントを控える」としている。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース