ゴルゴ13のさいとう氏、劇画ジャンル作りだした功績大=官房長官

政治・外交

9月29日、  加藤勝信官房長官(写真)は午後の記者会見で、「ゴルゴ13」などで知られ24日に84歳で亡くなった漫画家のさいとう・たかを氏について、劇画のジャンルを作り出した功績は大きかったとの認識を示した。都内で昨年9月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
9月29日、 加藤勝信官房長官(写真)は午後の記者会見で、「ゴルゴ13」などで知られ24日に84歳で亡くなった漫画家のさいとう・たかを氏について、劇画のジャンルを作り出した功績は大きかったとの認識を示した。都内で昨年9月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は29日午後の会見で、「ゴルゴ13」などで知られ24日に84歳で亡くなった漫画家のさいとう・たかを氏について、劇画のジャンルを作り出した功績は大きかったとの認識を示した。

加藤官房長官は、同氏の死去に哀悼の意を表するとともに「写実的で緊張感のある描写によって、劇画というジャンルを作り出した功績は大きい」と称えた。

また、直近では新型コロナウイルスのワクチン接種を促す政府広報にも協力するなど、同氏のこれまでの対応に深い謝意を示した。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース 政府・内閣