次世代パワー半導体・データセンターに最大1410億円支援=経産省

10月1日、経済産業省は、次世代パワー半導体に518億円、データセンターの省エネ化に892億円の支援を行う方針を産業構造審議会に示した。写真は円紙幣。都内で2010年8月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
10月1日、経済産業省は、次世代パワー半導体に518億円、データセンターの省エネ化に892億円の支援を行う方針を産業構造審議会に示した。写真は円紙幣。都内で2010年8月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 1日 ロイター] - 経済産業省は1日、次世代パワー半導体に518億円、データセンターの省エネ化に892億円の支援を行う方針を産業構造審議会に示した。支援は2030年まで。正式決定した後、事業者の公募を開始する。

これは、2050年カーボンニュートラルに向けた研究開発・実証・実用化までを支援する2兆円の「グリーンイノベーション基金」から拠出される。

パワー半導体は、電動車やサーバー内電圧変換器、データセンター向けなどに需要増加が見込まれており、現在3兆円の市場が30年には5兆円、50年には10兆円市場に拡大するという。今回、効率化などのためにデバイス製造技術の開発とウエハー製造技術の開発を支援する。

また、データセンターについては、省エネのための光エレクトロニクス技術の開発などを進め、30年までにデータセンター全体の40%以上の省エネ化を実現することを目標としている。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース