日経平均は下げ幅拡大、ソフトバンクGが連日の新安値

後場寄り付きの日経平均は下げ幅を拡大。前日比で500円を超す下落となった。都内で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)
後場寄り付きの日経平均は下げ幅を拡大。前日比で500円を超す下落となった。都内で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 後場寄り付きの日経平均は下げ幅を拡大。前日比で500円を超す下落となった。買い材料が見当たらない中で、昼休み中、先物に売り仕掛け的な動きから崩れ、それを受けて現物市場も売り優勢の展開に。指数寄与度が大きいソフトバンクグループが売り直され、連日の年初来安値更新となっている。

(c) Copyright Thomson Reuters 2021. Click For Restrictions -
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター通信ニュース