【動画】国立競技場が完成 臨場感あるスタンドと随所に日本伝統の意匠

社会 スポーツ 東京2020 建築 旅と暮らし

2020年の東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場が完成し、12月15日に行われた竣工式の後、報道陣向けに公開された。

国立競技場は地上5階、地下2階建て。敷地面積は10万9800平方メートル。緑豊かな明治神宮外苑との調和を目指し、屋根や軒庇(のきびさし)に国産木材を活用している。競技場の東側には旧国立競技場から「ギリシャの女神」「野見宿禰(のみのすくね)」の2つの壁画が移設された。

4階南側の大型ビジョン下からはグラウンドやスタンドが俯瞰(ふかん)できた。スタンドは3層構造で「すり鉢」状。特に3層目は34度の傾斜がついていて、客席からはグラウンドを見下ろせて臨場感が感じられる設計になっている。高さ約47メートルの大屋根には、国産のカラマツやスギが使われている。客席は「森の木漏れ日」をイメージし、5つの色をランダムに配した。

グラウンドに降りると、鮮やかな芝生と陸上トラックが目に飛び込んでくる。6万人を収容するスタンドに囲まれ、競技者の気分を味わえた。照明は陸上、サッカー、ラグビーなど、競技に合わせて点灯するという。

競技場外観のライティングは、提灯(ちょうちん)のような日本の伝統的な灯りをモチーフに柔らかな光で包んでいる。

(映像:THE PAGE

観光 東京 関東 新宿区 新国立競技場 建築 隈研吾 東京五輪・パラ会場 東京五輪・パラリンピック スタジアム THE PAGE