【動画】プロ野球とJリーグ合同会見 「早期開催難しい」専門家が提言

スポーツ 映像

日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が共同で設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家チームは23日、プロ野球とJリーグの公式戦について「早期開催は非常に難しい」との見解を示した。

連絡会議は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対策を検討し、試合の開催判断などに役立てる目的で設置された。23日は第4回となる会議が行われ、終了後に記者会見が開かれた。

座長を務める東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「屋外、屋内であってもイベントの前後においてリスクが大きい可能性がある。球場に全国から集まって、それぞれに戻っていくのは非常にリスクが高いのではないか」と指摘。その上で「現段階では早期開催は非常に難しい状況にある。開催日程については、できる限り遅らせていただきたい」と提言したことを明かした。

同会議の専門家はこれまでに「開催延期が望ましい」とする提言を出しており、プロ野球の開幕は最短で4月10日、Jリーグは4月3日の公式戦再開を目指している。

Jリーグの村井満チェアマンは「4月3日に再開できるかの意思決定は25日に行いたい」と話し、25日に予定する臨時実行委員会で結論を出す方針を示した。開催に向けて、観客の体温を計測するサーモメーターやアルコール消毒液など、感染防止対策に必要となる物資の調達を進めているというが、「クラブによっては、4月の中旬から下旬まで調達に時間を要す可能性がある」としている。

プロ野球は23日午後から12球団の代表者が集まって、来月10日以降としているシーズン開幕について協議することにしている。

(「THE PAGE」3月23日掲載。元記事はこちら

「THE PAGE」 Youtubeチャンネル

プロ野球 サッカー Jリーグ 野球 THE PAGE コロナウイルス COVID-19