【動画】緊急事態宣言まで「ぎりぎりのところ」 小池都知事、感染者は3日連続で40人超に

社会 医療・健康 映像

東京都の小池百合子知事は27日の定例会見で、同日の新型コロナウイルス感染者が40人を超えたことを明らかにした。40人超えは25日、26日に続いて3日連続。この状況を踏まえ、記者から「(特措法に基づく)緊急事態宣言に値すると思っているか」と問われると、小池知事は「まさにぎりぎりの所ではないか。だからこそ重大局面と申し上げている。ここをどうやって踏ん張っていくのか。医療の崩壊が海外で見られている。そういうことがないように、医療機関とのオンライン診断などいまのうちに対策を準備していきたいと思っている」と話した。

「2要件」など踏まえ首相が判断

政府は26日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法(特措法)に基づく対策本部を設置。今後は、安倍晋三首相が「緊急事態宣言」に踏み切るかが焦点となっている。宣言するにあたっては、(1)国民の生命や健康に著しく重大な被害を与える恐れがある(2)全国的かつ急速なまん延により国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある――の2要件が認められる必要がある。

小池知事は「爆発的増加、オーバーシュートが今発生しているか否かという局面を迎えている」とも指摘。都民に対し「今週末は不要不急の外出を控えていただきたい。危機意識を共有し、適切な行動をしていただく。なんとかこの局面を抜け出せるようにしたい」と呼びかけた。

さらにこうした都民にとって不便のかかる外出自粛要請について「大事な人の命を守るために必要な措置」だとしてあらためて協力を求めた。

通院、生活必需品の買い出しはOK

一方、小池知事は「例えば通院している方、お医者様にかかる方は『不要不急』ではなく、『要』があると考えます。生活必需品を買うためにスーパーに行く、コンビニに行くなども必要があってということです。(都民)自らが不要不急かどうかを判断していただきたい」とも説明した。

(「THE PAGE」3月27日掲載。元記事はこちら

「THE PAGE」 Youtubeチャンネル

健康・医療 感染症 THE PAGE 東京都政 新型肺炎 新型コロナウイルス