ソフトバンク939億円申告漏れ=租税回避地子会社の所得で-東京国税局

社会

ソフトバンクグループ(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2016年3月期までの4年間に約939億円の申告漏れを指摘されていたことが18日、分かった。買収企業がタックスヘイブン(租税回避地)に保有していた子会社の所得を合算すべきだと判断された。

追徴税額は、過去の赤字との相殺などで、過少申告加算税を含め約37億円にとどまった。既に修正申告を済ませたという。

ソフトバンクグループは2013~14年、税の負担が軽いバミューダ諸島などに子会社を持つ、ともに米国の携帯電話大手スプリントと携帯端末卸売会社ブライトスターを買収した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪