イオンとセブン、3~5月期の営業益最高=金融、海外事業けん引

経済・ビジネス

イオンとセブン&アイ・ホールディングスが5日までに発表した2018年3~5月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益がともに過去最高だった。イオンは金融事業、セブン&アイは海外コンビニエンスストア事業がけん引役となった。

イオンの営業利益は前年同期比8.2%増の396億円。金融関連では、海外を中心にクレジットカード事業が好調だった。コスト削減や値下げによる集客で総合スーパーの赤字幅が縮小したことも後押しした。デベロッパー事業も増益、海外の総合スーパー事業は黒字転換した。

セブン&アイの営業利益は2.7%増の863億円。オーナー支援のための加盟店料引き下げの影響で国内コンビニは減益だったが、海外コンビニは買収した米コンビニチェーンの収益が上乗せされ、大幅な増益になった。総合スーパーのイトーヨーカ堂も経費抑制により増益を確保した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想