日産、48年ぶり首位=軽除く新車販売-18年上期

経済・ビジネス

日本自動車販売協会連合会が5日発表した2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数(軽自動車を除く)で、日産自動車の小型車「ノート」が7万3380台で首位となった。日産が上半期で首位になるのは、1970年の小型車「サニー」以来、48年ぶり。ガソリンエンジンで発電し、電気モーターで走行する独自仕様のハイブリッド車(HV)がけん引した。

2018年上半期の新車販売(軽を除く)で首位になった日産自動車の小型車「ノート」から5日発売されたハイブリッド車(HV)四輪駆動モデル=同日午後、札幌市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など